悪質訪問販売業者から身を守るための法改正内容

訪問販売の中でも注意すべき存在として悪質訪問販売業者がいます。主にリフォームの訪問販売や水道管の点検などで多く見られ、商品やサービスの購入を行った際にはクーリングオフが行えないなどのトラブルで悪質な業者だったのだと発覚するケースがあります。

法改正により、消費者を守る仕組みが完成しており、使った商品の場合でも8日以内であればクーリングオフが行えて、販売業者側は代金を請求することが出来なくなります。また、クーリングオフ妨害が業者側が行うと強制的に契約の解除を行うことが出来ます。

クレジット与信で商品を購入した際にもクレジット会社が悪質販売の調査を行う事が義務付けされており、業者が勧誘を行った際には不適切な勧誘が行われた悪質販売として調査記録を行い、業者への与信禁止の義務があるので、業者側からしてみれば、クレジットによる商品購入の勧誘が行えなくなります。

また、消費者の支払い能力をクレジット会社は調べる義務があり、支払い能力のない状態で高額商品を購入する場合にはクレジット会社は与信契約を行うことが出来ません。その為、信用情報機関で債務の状況などを調べる事になります。

悪徳商法の解約後の流れもルール化されたことで販売業者、消費者、クレジット会社の3者の流れは明確になりました。これにより、業者は倒産や行方不明などで一部の預り金を持ち逃げするケースを阻止する動きになりました。法律上で決められたことなので、罰則が強化されたことで、悪質行為が行えにくい状況です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ