カードの立替払いの仕組みを知っておくことが大切

クレジット会社が加盟店と契約をしていれば使用する事が出来るようになりますが、このクレジットの契約を立替払い契約と言います。
まず、会員がカードを使って買い物をした場合、契約会社が商品代金を立て替えて支払ってくれます。

契約会社は加盟店に対して加盟店手数料を相殺し代金の支払いをしてくれますが、会員がリボ払いや分割払いにした場合には、会員に手数料として請求金額に加算されるようになります。代金の支払いをしてくれる契約会社はその手数料で成り立っているのです。

加盟店にとってもお客様からの商品代金の未払いなどがなくなりますし、会員にとっても計画的に買い物がしやすくなるというものです。
立替払いは、クレジット会社、加盟店、会員の三者にメリットがあることになります。カードを利用するというのは、「個人の信用」に関わってくるものです。

支払をきちんとしていれば、信用度が更に増して使いやすい環境になってくるのです。分割で支払いが出来るとなるとショッピングもより身近なものになりますが、収入に見合った買い物をしないと多重債務に陥ってしまう危険もありますので、そのような状態にならないように、買い物をする前にクレジットカードの仕組みを理解しておくのが大切なポイントになります。

今はどのような場所でも気軽にクレジットカードを使うことが出来ます。支払い方法を上手く賢く利用することで、これから先、快適な生活を送るようになれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ