日本情報センターで自分の情報開示をしてみよう

日本情報センターの正式名称は、日本信用情報機構(JICC)となり、主な事業内容は、クレジットカードや銀行などの個人情報を管理している会社です。クレジットカードを作る際やローンでマイホームや車を購入する際に個人の支払いが可能かどうかの審査が必要になってきます。

過去の購入履歴や支払い状況、現在のローンの残金が考慮されるのですが、カードやローンを利用するというのは、個人の信用に大きく関わってくるものです。例えば支払いが滞っている場合には容易にはローンが組めないようになっています。

同じく、クレジットカードを作ろうとしても利用実績に不備があれば審査に通らないということになってしまうのです。それでは、どのような内容が登録されているのかということが気になるところですが、実際には、携帯電話・郵送・窓口などで自分の内容の開示を求めるという手続き方法があります。

本人確認書類と手数料が掛かりますが、名前・住所・電話番号など登録をしている内容がわかる他に、利用状況を確認することが出来ます。クレジットカードを作ってからどのような場面でカードを利用したのか、支払いはきちんとされていたか延滞があればそれも履歴に残っています。

カードの見直しや借入の見直しなどをする際にはとても便利なものです。自分自身の内容ですから一度は信用情報に目を通してみても良いかもしれません。

また、日本情報センターとして架空請求のメールや電話が来ることがあるようです。日本信用情報機構では開示請求がない限り、メールを送ったり電話をするようなことはないので不信なメールや電話には応じないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ