破産法という法律の基本と保護の内容を知っておこう

破産法とは古くから日本にある法律です。倒産法制の基本になっており、倒産した会社などには、裁判所で破産法・会社更生法・民事再生法のどれかの法律の適用をさせていきます。裁判所の判断で、会社を解散させ資産を債権者が分けることが出来るのです。

この先、会社が再建することが不可能で会社の再生をしてもこれからの見込みがなく、解散したほうが債権者に有利になると裁判所にて判断された際に適用されるものです。会社更生法・民事再生法は、会社の再生が可能で再建させたほうが債権者の為になると判断された場合に適用されます。

個人の場合にも「破産法」の申し立てをすることが出来ます。例えば自己破産と言われているものに申し立てが可能です。平成17年にこの法律が改定され、破産手続きと免責手続きが一本化されました。これにより、別々に申し立てをしていたものが一度に済んでしまいます。

自己破産と聞くと家や土地、貯金などがいっぺんに無くなってしまうというイメージがありますが、改定されたことによって一般家庭の生活費3か月分、現金は99万円は持っていることが出来るようになりました。ただしこのような保護は、あくまでも普通の暮らしに戻る為のものです。

自己破産の期間も変更になっています。今までは一度目の破産から10年の期間を空けなければなりませんでしたが、7年と短縮されています。このように「破産」に関しては法律が緩和されていますが、一番は一度の破産で生活や仕事を見直し、二度と破産などの申し立てをしないように人生のプランを立てていくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ