郵貯共有カードの機能は便利なものが多いのが特徴

郵貯共有カードの郵貯は「郵便貯金」の略で、貯金機能とクレジット機能が一体化したもののことを指し、ゆうちょ銀行のホームページでは「共用カード」として案内されています。

いろいろなお店などの利用を郵貯共有カードにすれば、ゆうちょ銀行のキャッシュ機能が付いているので、クレジット決済で商品を購入をした場合の代金は指定のゆうちょ銀行の通常貯金から引き落としになるというシステムになっています。クレジットとキャッシュが一体化していることにより、1枚だけを持っていれば支払いが済んでしまうのです。

クレジット支払いがとても身近なものになりましたが、発行された当時は支払いのパターンが選べる画期的なもので、とても人気があるものでした。現在になると身近なところでは電子マネーとキャッシュカードが一体化したものなどが出ています。

ポイントが貯まるなどの特典が付いていたり、コンビニエンスストアやスーパーなどで気軽に使える所も魅力のひとつです。
郵貯共有カードは郵政民営化によって新規での受付は行っておらず、契約会社と協議の上取扱いを終了しますと案内がホームページに書かれています。

ゆうちょ銀行では他にもクレジット・デビット・電子マネー搭載キャッシュカードがあり、自分の生活スタイルによってそれぞれに作成することが可能です。Suicaなどが使えるものであれば鉄道やバスの利用をする際にも便利に使うことが出来ることでしょう。新規で作る際には、年会費が無料などというカードも魅力的なものになってきそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ