利子の考え方を理解して計画的に買い物をするということ

クレジットカードを利用して買い物をしたとします。少額なものであれば一括で支払いが出来るかもしれませんが、大きな金額の買い物をした場合には分割払いやリボ払いなどの支払いの種類を選ぶようになります。

一括で支払いをした場合には、利子は掛かってきませんが、分割払いにした場合には、購入金額を支払う回数にプラスされて利子が発生します。リボ払いの場合には、毎月決まった金額の支払いにプラス利子を支払うようになります。

クレジットカードで買い物をした合計に対してプラスになりますから、残高の金額が大きくなればなるほど高額になっていってしまいます。いくら払っても借金が減らないと感じている人は要注意かもしれません。
カードを使うという事はお金を借りる事と同じです。

カードを持ってしまうと利用限度額が「自分のお金」と勘違いをしてしまい、つい使いすぎてしまうようになりがちです。分割払いの場合にはあと何回の支払いをすればいいのかと計算の目安も付けやすいでしょうが、リボ払いの場合には毎月決まった額しか支払いをしないので、使った額がわからなくなり支払いが出来なくなるケースもあります。

クレジットカードは便利なものですから、それぞれの特典を利用して便利に使おうというように心がけておかないと借金だけが残る結果になってしまいます。あとで後悔をしないように計画的にカードを使って買い物をするようにしましょう。自らクレジットカードと上手に付き合っていくことが大切なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ