ダブルカードの利用者の情報がマーケティングの情報になる

ダブルカードは提携カードの一つで「コ・ブランドカード」とも呼ばれています。提携をしている企業は多くあり、トラベル・ホテル・通信・カーライフ・マネー・グルメなど数種類のラインナップがあるものになります。

ダブルカードはマーケティング戦略を目的として活用されているものなので、どのような物が売れているのか、利用をしている年齢層はどこなのか、などカードの利用情報でいろいろな内容が企業側でわかるようになります。

情報を参考にして、売れるものやサービスが充実されていくのでクレジット払いの利用者にもメリットがあるものになっていく特徴があります。

その目的とは違い提携先が非営利団体や組織で作られているものを「アフィニティーカード」と言います。愛好会・大学・クラブ・大学などで作られていて、この中には会員がクレジット支払いを利用した場合に利用金額の一部を寄付にまわすような社会貢献型になっています。

リスクは提携先が持つようにになりますから、利用をする側にとってのデメリットはありません。これから1枚、作ってみようかと思っている人は、クレジットカードの特徴を知っておくと意外なところでお得なことがあるという結果になります。

クレジット機能を上手に使っていくことが大切なことです。無理をして利用をして支払いが出来ないということがないように計画的に買い物をするようにしましょう。どうしても使いすぎてしまうという人は限度額を下げておくのも方法かもしれません。使いたいだけ使って、延滞などをすると次のローンを組む際に不利になってしまうので注意してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ