入会金を払ってさまざまなメリットを受けよう

入会金というのは、その組織や団体が提供する様々なサービスを受けとる権利を行使できるというものです。またその組織や団体が経営する上で、この収入源は重要な運営資金ともなります。一般的に組織や団体が加入者を増やす目的の場合には、入会金を無料にしています。

しかし、実際問題として会員が増加すれば、その分だけ管理費や人件費が多くかかるため、そういった諸経費がかかるために徴収しているところが多いようです。また、この代金を払ってもらうことで、加入者に積極的にそのサービス等を利用してもらえる効果もあります。

この代金を徴収することで、企業は、その会が活性化して、より多くの顧客に満足してもらい、さらなる会員数を増加させるような効果が期待できます。
これが利用されているのは、○○会と名付けられた多くの資格保持者のための協会や団体、学会,スポーツクラブなどは、この代金を徴収しています。

また、キャンペーン期間には、これを無料にすることで、顧客を集めるために利用していることもあります。さらにゴルフ会員権や一部の高級リゾートクラブ、ホテルのフィットネスクラブなどでは、社会的なステイタスとして高額の入学金をとっている例もあります。

そのため会員は、その高額な代金に見合ったサービスを受けら得るメリットがあるため会員となります。顧客がこの代金を支払うことで、さまざまなメリットを受けられるのであれば、多少の金額を支払ってでも会員になりたいと思う方も多いと思います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ