UCCCとは何の略でどのように利用されているか

UCCCとは、「ユー・トリプルシー」とも呼ばれ、統一消費者信用法典として、アメリカで1968年に制定された模範法になります。アメリカの民法や商法は、州ごとに異なるためにこの法典では、商取引を円滑にするための小口金融法にとって代わるものとして制定されました。

ここでは販売信用と消費者金融の全分野を包括した内容になっています。
しかし、この法典は民間団体によって作成されたもののため、これ自体が州で法律としての効力を有することはありません。単にこれは、各州においてこの内容が立法することを告げているだけのものになります。

それでも、州によってはこの効力を採決により利用することができます。たとえば、立法府で採択された場合には、州法典の一部を構成してでも法律としての効力を有することもできます。さらに、州ではこの統一法の文言を変えることなく採択することもできます。

あるいは、一部の項目だけを修正して加筆することで既存の立法府が判断し、修正して採択することもあります。

現在この法典は、数回の改訂がされているために複数の版が存在していますが、全米の中の50州とコロンビア特別区・プエルトリコ・グアム・米領バージン諸島のすべてが、いずれかの版を州法として効力を発揮させています。

特にルイジアナ州では大陸法に由来したる民法典があるため、物品売買を規律しているためこの法典の第2章は採択していないものの、その他の部分は大半の規定を取り入れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ