日本のカード利用率はどれくらいなのでしょうか

カード利用率とは、どれくらいそのカードが使用されているかというものです。日本の人口はおよそ1億2万人ですが、平均的な保有数は平均1人2~3枚であるため、普及率はとても高い国です。
現在では、国内や海外でクレジットカードの支払いができる店舗は増加しています。

また、インターネットの普及によりインターネットショッピングができるようになり、カード支払が一般的になっています。さらに、税金、電話や新聞、電気、ガス、通勤定期など日常生活に使用する料金もカードでの支払いが進んでいます。利用シーンの広がりで、ますますカード市場規模は拡大すると予想されます。

このようにクレジットカードが使用できる場は、どんどん増えていますが、実際に使用される頻度は、海外と比較すると非常に低くなります。たとえば、アメリカでは25%、韓国では50%がクレジットカードを使用しています。

日本の利用頻度が低い背景には、海外と比較すると治安が良く、犯罪が少ないため、現金を持ち歩く人が多いということです。また、クレジットカード払いをするのは、借金をすると考える人も多いため、借金に対して必要以上に嫌うという国民性も関係があります。しかし、銀行口座から引かれるデビットカードもそれほど、利用はされていません。

おそらく、銀行口座の金額を気にしながら利用するよりも、現金ですぐに支払う安心感の方が重要かもしれません。もし、日本でもカードが利用されて消費支出の30%になると、その市場規模は約86兆円になると専門家は予想しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ