最終支払期日とはどのような日をいうのですか

最終支払期日とはクレジットカードにおいては、完済日を意味します。これは一般的に債務を全額返済することで、その最後の残存債務を支払い終わる日をそう呼びます。また、ローンでは借入金を全額返済し終わる日を呼びますが、完済するとローン債務は終了となります。

通常個人が借りる住宅ローンは繰上げ返済をすることが多いため、その完済する最終返済日となります。例えばクレジットカードで支払期日に払えない場合には、消費者金融よりもクレジット会社の方が融通を利かせて期日を延ばしてくれることがあります。ここでは、まず督促状が送られてきて、電話による催促がきます。

ここではいつなら返済可能なのか、あるいは支払える金額を伝えると良いでしょう。ここでのポイントとしては、返済が出来る、出来ないによって、先方の出方や今後の対応がガラリと異なります。カード会社にしても、無い袖は振れないのを承知していますから、払えとは絶対に言いません。

そこで、丁寧に状況を伝えるとともに支払える期日を相談すると良いでしょう。カード会社の人間も、相手をみて相談に乗りますので、横柄な態度を取らなければ、待ってくれるものです。もちろん、法律にのっとり延滞金を支払う必要がでてきますが、期日を引き伸ばすことでそれまで融通することはできます。

しかし、カード会社によってはこの様な事が続くとカードの使用が出来なくなることもあり、強制的に退会することになると個人の信用に傷がつきます。こうならないためにも、支払期日を守ることは大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ