入会審査が実施される基準と利用される機関

入会審査とは、その会や組織、団体に入会する資格があるかどうかを審査します。たとえばクレジットカードを申し込む場合には、カード会社は基本的な審査として、安定した収入の有無、返済能力、生活の安定性として、何年同じ住まいにいるかという安住場所の3項目に重点を置いて審査をしています。

そのため実際に入会申込書を記載してもらうことで、その記述内容と個人信用情報センターのカード利用履歴を対比させて整合性を確認した後、カードを発行できるかどうかをすること審査しています。

ここで、入会申込書は、年齢、勤続年数、職種、勤務先の規模、家族構成といった個人情報に対して、点数を付けていくことで総合点数をつけて評価します。このうちで、年齢と勤務先の状況が一番大きな指標になっています。

そこで、若者なのか、中高年か、女性か男性か、大企業か零細企業勤務なのかなどというような、大まかなその人の個人情報プロファイリングが分かるようになっています。
ここで気をつけることは、これまでの支払い履歴と、その借り入れ状況、延滞期間や回数などです。それは申込書だけでは、その人の実際の経済状況がわからないからです。

そこで、カード会社は、個人信用情報センター機関を利用して、個人を照会にかけて信用情報を確認します。日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センター、CICの3つの機関があり、これらの機関では、銀行、クレジットカード会社、消費者金融から利用者履歴が集められて保管や更新が行われています。

そこで、過去に延滞を繰り返した履歴や消費者金融から借り入れがあると、すぐに分かるようになっており、マイナス要因となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ