マネーサプライとは経済の何を測るための指標になるのか

マネーサプライとは、実際に世の中の経済活動に出回っているお金の量のことをいい、正式には通貨供給量と呼ばれています。これは日銀が毎月調査して発表を行っています。もともと中央銀行だけではなく、金融機関から経済活動に対して供給される通貨量になります。

また、国や金融機関が保有する現金を除き、一般の事業会社や個人、地方公共団体などが保有しているお金の量をいいます。
日銀ではこの絶対値よりも、この伸び率を参考にすることでインフレ指標にしています。また、前年同月比の伸び率と比較することで政策の参考にしているのです。

たとえば、ここで伸び率が増加すると、世の中に流通している資金が増えたこととなり、これが消費に向かうと考えられます。そこで、消費に対するニーズが高ければ、物価は上昇してインフレへとなるのです。そのため、この増加率によっては、経済活動がどのように活発に行われているかというような指標となります。

また、今後どのように行われようとしているのかという将来予測とも関係があります。結果、政府の金融政策の効果を計る指標となっているため、日銀にとってはインフレに関する最大の関心指標といえます。また、この指標を、景気の先行指数と読むエコノミストも多くいます。

この通貨供給量には、現金だけではなく預金も含まれます。この理由として、実態経済では、銀行に預けられているお金も、企業や個人の貸し出しに運用されているからです。そのため、実際は現金の何倍もの量の預金残高があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ