カードレットとは各種カードのアプリケーション

カードレットとは、Java上で動作するデビットやクレジットなど各種カードのアプリケーションを言います。またこれは、小さなコンピュータープログラムでもあるため、Java上で機能させることができます。たとえば、ATMやインターネットなどからこのアプリケーションをダウンロードして使用が可能です。

尚、Javaカードとは、プログラム言語として使用されているJavaが搭載されているICカードとなります。ここでは、メモリーとCPUが搭載されているため、ICカード上で動作するJavaの実行環境やアプリケーション開発が可能になるのです。

結果として、クレジットカードとしての決済機能の他に、ポイント管理など複数の機能を、Java言語によって動かせるため、大変便利になります。

また、この言語はオブジェクト指向のプログラミングの考え方に基づいて、設計されたプログラミング言語です。そのためソフトウェアの開発と保守の複雑さを低減するだけではなく、開発効率と保守性を高めるメリットがあります。また、従来のさまざまな言語の良い部分だけを引き継いでその欠点を克服するようなっています。

また、プラットフォームに依存しないため、アプリケーションソフトウェアの開発や配備などへの汎用性があります。また、これを利用して開発されたソフトウェアは、どんな環境でも動作させることができる利点があります。このように、非常に汎用性が高いJavaを利用して、カードレットを機能させることで、その可能性や機能を上げることに役立っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ