カード申し込み時に必ず必要な在籍確認とは

在籍確認とは、その人が記載どおり特定の場所にいるのかどうかを確認することです。これは多くの場合、クレジットカードを作成するときに利用されます。この審査で重要な審査項目に本人確認があります。これはカード申込み者の勤務先に直接電話をして、話をすることで本当にその会社で働いているのかを調べます。

ここでは住所や電話番号などに相違がないか、申込用紙との照合をしています。時には、自宅電話や、携帯に連絡がくることもあります。
電話がかかってくる方法は、クレジットカード会社によって異なります。しかし、大概はクレジットカード会社名ではなく個人名で電話をかけてきます。

しかし、銀行系のカード会社やステータスの高いカード審査では、その社名を名乗って電話してくることが多いようです。また、場合によっては勤務先の人事部や総務部にかけてくることもあるようです。

しかし派遣社員やアルバイト、パートの場合には会社に迷惑を掛けたくない、あまり個人の情報を知られたくないなど、周囲の目が気になる人も多いようです。そういった場合でも、確認を避けることはできません。ただし 社会保険証などや社員証明書などが準備できれば、契約できることもあります。

近年では、個人名で電話をしてくる方が怪しいと判断されることも多く、会社情報を伝えないとつないでくれない所も多くなっています。いずれにしてもクレジットカードを作るために個人確認は必須となりますので、何らかの対応をするしかありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ