クレジットカードで使用するパスワードとは

パスワードとは、一般的な意味合いとしては合言葉を指します。しかし近年では、コンピューター関連でも使用されています。これは特定の機能を使用するために、認証を得ることで本人確認をします。ここで入力する文字や数字の羅列などをパスワードといいます。

また、個人情報保護法の下では公的に個人を特定できないため、利用者の本人確認する必要がある時に、その人だけが知る文字列を入力したり口答します。
パソコン上では、通常ユーザIDと対にして用いられています。

これは、登録時にあらかじめ登録しているユーザIDとパスワードが、再度ログインする際に、一致しているかどうかによって、操作者がそのユーザIDの作成者本人であることが認識できるようになっています。

一般的に多くのシステムでは使用される認証番号としては、アルファベット26文字か大文字、小文字が区別される52文字とアラビア数字10文字、記号に限定されています。また文字列の長さが数十文字以上と長い場合は、特にパスフレーズと呼ぶこともあります。ここでは、高いセキュリティ機能が必要なシステムで使用されています。

現在クレジットカード使用時だけではなく、ネットバンキングでもこれらをスキミングする犯罪が多発しています。これが分かれば、他人になりすまして利用することができるため、さまざまな防止策がとられています。たとえば複数回間違って入力すると、システムが入力を拒否するようになっているのは、典型的な例といえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ