マネーショップではどのような業務がされていますか

マネーショップとは、お金の店という意味ですが、実際には消費者金融の店舗のことを言います。ただし、これは正式な言葉ではないため国内のみで使用されており、海外では通用しません。この消費者金融は、かつて過剰な利息の取りすぎやその取り立て方法が違法となり社会的な問題になりました。

その後法律利息に対する公定金利が定められ、多くの銀行がその傘下に消費者金融を抱かえています。消費者金融とは、ノンバンクと呼ばれる貸金業者が、顧客の信用を担保にして、無担保で直接お金の貸し付けを行う無担保サービスをいいます。ただし、数百万円までの小口融資となります。

有名なところではアイフル、アコム、プロミス、レイクなどがあります。消費者金融が業務を行うためには、財務局や知事に申請して登録番号を貰うことが法律で義務づけられています。そのためには、金融庁に登録業者として登録しておく必要があります。

会社によっては違法業務を行っているところもありますので、利用する場合には登録番号を確認すると良いでしょう。消費者金融でお金を借りる場合でも、受付から審査を経て契約までの手順があり、融資対象要件を設定します。この手順は企業によって数分で終了するところもあれば、数時間かかるようなところもあります。

また、申込方法は様々で自動契約機だけでできるところや、店頭、電話、インターネット経由などがあります。返済方法は店頭、ATM,口座引き落としなどは契約時に選択することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ