リスクモデルとはどのようなモデルをいうのか

リスクモデルとは、マーケティングや審査上構築するリスク推計の分析手法をいいます。このモデルは物事を説明するための枠組みや、模範・基準をいいます。ここではその危険源と、それが広がる経路などの枠組みを形式化して数値化した値をいいます。また、これは近年管理が必要なさまざまな分野で使用されています。

例えばクレジットカードビジネスにおいては、カード会員がカードをショッピングやキャッシング時に利用するため、カード会社が立て替えます。しかしその代金を支払わない、あるいは延滞する場合があります。そこで、このようなものを事前に推計して、可能性が高い対象者や、延滞や未払い経験者を割り出します。

クレジット会社が、このような対策をしておくことが、クレジットカード会社におけるリスクモデルとなります。具体的には自社顧客の利用状況やその返済実績と、外部の個人信用情報会社に掲載されているブラックリストの二つの情報を照合します。

このリストでは、その利用者が延滞を繰り返している場合に、支払い延滞リスクが高い顧客としてその情報が信用情報機関に蓄積され、カード審査に通らなくなります。
よって、カード会社はそこから顧客をグループに分類してから、どのような顧客集団のリスクが高いのかを算出し、またリスク発生の推計も行っています。

顧客をグルーピングして分類することで、リスク判断だけではなくどのような顧客層が買い物をするかなど、販促活動として効率を測る判断としてマーケティング戦略にも利用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ