アクティベーションは不正やコピー防止に大活躍

アクティベーションとは、特定の機能を有効にするという意味で、有効化、活動化、活性化などとして使用されています。しかし、一般的には、特定のソフトウェアをインストールした後に、正規のライセンスを保持しているかどうかを確認するための認証処理をいいます。

たとえば、非合法に入手した著作権や、ソフトウェアやライセンス契約に反する使用を防止するために利用されています。近年では、不正やコピーを防止するために、利用して認証されるようになっています。

例えば、クレジットカードは、特定のURLにアクセスしないと使用できないようなものも出てきています。また、近年さまざまな電子機器にはシリアル番号が設定されて、どの電子機器に基づいているのか検索できるようになっています。一部のハードウェアでは、有料オプションを活用することにも使用されています。

さらに、ソフトウェアを出荷するときには、CDやDVD-ROMなど1枚にも1つのシリアルが付与されるようになっています。そのため、有効化する前には、出荷されたソフトウェアのシリアル番号は、メーカーが把握しています。

ただし、購入者の不正をすべて監視するのは不可能なため、使用時にユーザー登録してから使用して、問題時に検索できるようになっています。

これは過去に電子媒体のコピーが、2台以上のパソコンにインストールされたり、インストール後に元の電子媒体を中古で転売されるなどの問題があったことが原因です。そこで、インストール後には、その使用範囲や期間が制限されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ