裁定取引とは市場の歪みを利用して利益を獲得すること

株式、為替、金利、債券、コモディティなど多くの金融商品が、世界中のマーケットで毎日取引されています。同じ商品を売買しても市場により価格差が生じたり、現物の取引と先物の理論価格との間に差が生じることがあります。裁定取引とは、別名アービトラージ取引とも呼ばれて、市場の歪みを利用して利益を獲得することをいいます。

例えば金融商品の中で同質の特性を持つ2つの商品では、割安な方を買い、割高な方を売ることで理論上ではリスクなく収益を確定させることができる取引があります。その仕組みとしては、市場価格が理論価格に近づいてその差に乖離がなくなるため、割高や割安状態が解消されます。

その状態を見極めることで、反対売買を行なうことで収益を得ることができます。
日本のマーケットでよく行われる取引には、日経現物と日経平均先物を利用したものがあります。

これは現物から先物の理論価格を算出することで、先物の値段が理論価格を上回った時には売り、現物を買います。反対に先物価格が理論価格を下回った時は、買い現物を売る取引があります。また、先物でも異なる期限の差を利用するものがあります。

一見これらの取引にはリスクがないように見えますが、収益を確保するためには、高い金融知識や専門性、ノウハウが必要となります。
市場全体で考えると、市場間の差が生じることを是正する方向にあり、その歪みを正して適正な数値を形成しようとします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ