学習できるニューロコンピュータと不正利用

ニューロコンピュータとは、自己学習機能を持つことで知識処理やパターン処理を行うコンピュータの事です。人間の頭脳のように過去の経験からデータを予測することが可能で、パターン化されたものも自己学習を行う事から、異常が発見され次第短時間で処理を行います。

クレジットカードではクレジットカード会社が導入しており、需要に対する予測から、脱会者の予測などを過去の経験で学習することでコンピュータ自身で予測しています。これをデータ化することで、クレジットカード会社側としては経営戦略を組み立てる為に必要な存在です。

また、クレジットカードの不正利用に対する役割も持っています。例えば、普段から小額の利用料金しか利用していないクレジットカードが、急に大金を必要とする買い物を行えば、使用方法によるパターンを学習していることから、異常として判断し人間に知らせる仕事をしてくれます。

クレジットカード会社の従業員は異常が検出されたことで、本人に確認の連絡を入れる仕組みになります。これにより早期に不正利用を発見することが可能です。

金融業界では、消費者金融やクレジットカードの審査の際にも信用情報機関のニューロコンピュータに過去の使用履歴などが入力された状態で審査を行うので、審査の判断などもコンピュータが判断を下す仕組みになります。

学習をすればするほど精度が増すものであり、利用者の行動パターンも記憶していくことから、現代の金融業界にはなくてはならないものになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ