インターネット上に潜むパスワードスニッファー脅威とは

パソコンやスマートフォンでクレジットカードによる決済は珍しくもない定番な決済方法ですが、セキュリティ意識を高めて対策をしておかないとカード犯罪に巻き込まれる確率が上がります。

パスワードスニッファーと呼ばれるアカウントのIDとパスワードを盗む犯罪が多発しており、IDやパスワードが盗まれてしまえば、悪意のある第三者が本人に成りすましてショッピングを行うなど、クレジットカードの情報を盗み出すことも可能になります。

パスワードスニッファーから身を守る手段としてはセキュリティソフトの導入が求められており、コンピュータウイルスやスパイウエアなどの悪意のあるソフトウエアやアプリケーションの侵入を監視しておかなければいけません。

スマートフォンの場合には偽物のアプリとして侵入して来るパターンがあり、利用者が多くコンピュータに慣れていない人が多いようです。ゆえにセキュリティソフトを導入している人が少ないケースが多く、狙いやすい一面があります。

また、偽造サイトの危険性も認識しておく必要があります。これはフィッシング詐欺サイトと呼ばれる本物のサイトに似せて作られたサイトで、ログイン時にIDやパスワードを入力することで、入力した情報が悪意のある第三者の元へ送られる仕組みになります。

このような事態を避けるためにセキュリティソフトの導入やセキュリティに対する意識を高めることが重要であり、怪しいサイトへのアクセス、ファイルやアプリのダウンロードは出来るだけ控えておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ