マネーロンダリングによる犯罪とクレジットカード被害

クレジットカードの不正利用によって得られたお金は口座から口座へと転々と送金が行われることから、出所が分からなくなってしまいます。これをマネーロンダリングと言います。
クレジットカードにはインターネット上の操作で振込キャッシングと呼ばれる機能が搭載されており、これを使うことで、指定された口座へ入金が行える仕組みです。

もし、クレジットカードの管理サイトに不正ログインが行われた際には、悪意のある第三者の口座へと振り込まれ、マネーロンダリングを行う事で行き先が分からなくなるのです。
その為にもクレジットカードの利用者は管理サイトのログインID、パスワードを守る必要があり、セキュリティ意識を高める必要があります。

パソコンやスマートフォンを利用している場合には、コンピュータウイルスなどの悪意のあるソフトウエアが侵入する可能性も高く、入力した情報を盗むことで不正利用に利用されます。

また、フィッシング詐欺サイトと呼ばれる本物に似せたサイトでもログインID、パスワードを入力させることで情報を盗まれる事例もあり、セキュリティソフトを導入していれば、外部からの侵入やフィッシング詐欺サイトで警告が出るなどの対処が行われます。

ログインID、パスワードを他のインターネットサービスと同じ設定を行っていることも危険性が高いものであり、企業のサーバーを攻撃して入手した情報を使って別のサービスにログインされる可能性もあるので、サービスごとにログインID、パスワードを変更しておくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ