情報を盗まれて作成される悪用カードとその対処法

クレジットカードに対するセキュリティ意識は利用者にも求められ、危機管理がない場合には不正利用や悪用カードと呼ばれる偽造カードが作られてしまうことから、見知らぬ悪意のある第三者によって悪用される可能性があります。

主に現実世界での被害とインターネット世界の被害に大きく分けられ、それぞれに対してクレジットカードの管理方法が重要になります。
現実世界の場合では、クレジットカードの盗難や紛失などで不正利用が行われるケースがありますが、昔からある手口としてはスキミングがあります。

これは店舗側の人間がクレジットカードの情報を盗み出す行為であり、盗難、紛失の場合には手元にないことから利用停止を行うことが出来ますが、スキミングの場合にはカード内の情報が盗まれ、利用者の知らないうちに悪用されるので、実際に気付くのは請求書が届いたときやクレジットカード会社が不審な使い方をしていることに気付いて停止する手段しかないのです。

インターネットの世界の場合でも情報を盗むだけであり、利用者がすぐに不正利用に気付くケースは多くはありません。

パソコンやスマートフォンなどでインターネットショッピングや有料コンテンツの購入時にクレジットの番号を入力しますが、その際に悪意のあるソフトウェアが入っている場合にはその番号を抜き出すことが可能であり、文字入力の情報や画面で何を見ているのかも盗まれることから、パソコンのセキュリティ面に関してはセキュリティレベルを高くしておかないといけません。

付帯保険にはショッピングガード補償が搭載されており、不正利用が認められれば、使われた金額が補償される仕組みになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ