クレジットカードに申し込む際の会員規約

クレジットカードを申し込む際にはクレジットカード会社の会員になることが必要です。その為、会員規約に同意する必要があり、その下でカードを利用することになります。
会員規約は、いわばクレジットカードを使う上でのルールであり、カードの利用方法から返済方法、ポイントサービスでの利用方法などが含まれています。

もしこのルールを守れない場合やルールを破った場合には、会員資格が剥奪されるので、クレジットカードの利用が行えなくなります。
規約自体は定期的に改訂されることがあり、改訂後はそのルールに沿って利用することになります。

そのことを知らずに利用していてルール違反が発見されるケースもあるので、カードを所有している人であれば、チェックを行っておきたいポイントです。しかし規約自体は大きく改訂されることはほとんどないのですが、クレジットカードを利用した犯罪やトラブルが発生した場合に、こうしたトラブルを事前に防ぐために、小さな点に関しては改訂されることが多く発生します。

このような規約は消費者金融や銀行のローンサービスなどにも存在しており、このルールに則って融資を受けることから、同意を行うと、このルールに従う意思表示になります。

その為、町の小さな消費者金融などの規約には罠が仕掛けられている場合もあり、それに同意してしまうとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。金銭が絡む契約は、よく読んでから同意する事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ