インターネットサイトを使ったクレジットカードの利用

インターネットサイトの登場で、クレジットカードの利用方法も大きく変化を見せました。主にショッピングやサービスを利用する場合の支払い方法として、クレジットカードの管理を利用する場合は2種類に分かれています。

インターネットショッピングやオンライン有料サービスを利用する際のお手頃な決済方法としてカードの利用者は多く、銀行払いやWEBマネーなどの方法もありますが、気軽行えることがメリットです。利用した金額のみ後でクレジットカード会社から請求される仕組みなので、数百円の商品購入やオンライン有料サービスの利用に適しています。

一方でWEBマネーの場合には1000円単位での購入となり、必要以上分の金額も購入しなければいけないという、プリペイド式のデメリット面があります。
クレジットカードの管理としては管理サイトがあるので、そこで利用金額の状況や支払額などを確認することが出来ます。

また、使いすぎた場合には後からリボルビング払いへの変更も行えるので、パソコンや携帯電話などでいつでも申し込むことが可能です。キャッシング機能に関してもインターネットを使う事で入金が可能となり、振込キャッシングと呼ばれる指定された銀行口座へ直接融資を行う申し込みも出来ます。

カード会社と銀行が同じ金融機関であれば、時間帯を問わずに即入金が行われることから、深夜に急な出費に遭遇したとしてもすぐに入金が行われ、コンビニATMなどで下ろすことが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ