単一目的カードと呼ばれるクレジットカード

単一目的カードとは、ハウスカードとも呼ばれるクレジットカードの一種です。発行する企業やグループが展開するチェーン店舗で利用できる目的で発行しており、いわば顧客の囲い込みの為に行われています。

百貨店、スーパー、鉄道、ガソリンスタンドなどで利用されており、汎用性としては特定の店舗でのみしか利用できないので、不便な一面もありますが、現金で商品を購入を行うよりもポイントサービスなどの提供などが行われるので、定期的に活用すればお得になるものも多く存在します。

昨今では、利便性の向上からクレジットカードに国際ブランドが搭載されています。VISA、MasterCard、JCBなどを搭載することで、グループ内店舗や提携店舗以外での様々な場所での利用も可能になりました。

しかし、グループ内店舗で利用してほしい目的も兼ねているので、汎用性が優れていたとしてもポイントの付与率を特定の店舗で利用した際には高く設定していることから、店舗ごとの差別化なども行っているのです。

このような事情から純粋な単一目的カードの存在は非常に少ないものとなり、ユーザーの利便性の向上から汎用性を持たせるモデルが数多く存在しています。

更なる囲い込みの為に、特定のクレジットカードを所有していれば優遇されるサービスなども目立ってきています。例えば、ガソリンカードであれば清算をクレジットカードで行う事でガソリンが値引きされるなど、特定のサービスに対して優遇されるものがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ