契約内容が優先される任意規定と対立する強制規定

任意規定とは、契約を行った際にその内容を優先する規定の事です。法律よりも優先されるので、当事者の意思やお互いの合意があれば法律には縛られない、自由な契約内容にすることが可能です。ただし、合意が行わなければ法律の方が優先されることになるので、合意を行う場合には契約内容が優先されることになります。

任意に対立する強制規定もあり、任意の場合ではお互いの合意があれば契約内容が優先されますが、強者が弱者に契約を押し付けられることも十分に考えられます。このように一方的な合意で行われたのであれば、強制規定により無効にすることが可能になります。

これにより、ヤミ金や押し売りなどの悪質なトラブルに遭遇した際には法律で守られることになるのです。消費者金融やクレジットカードなどの申し込みの場合でもこれは適応されるもので、利用規約や規定に同意を行う事で、消費者金融やクレジットカード会社が、あらかじめ決めておいたルールに従うことになります。

そして同意したというサインを行う事で、決められたルールの範囲で利用することになります。主にクレジットカードに関するルールなどが決められており、それを破ってしまうと契約が一方的に解除され利用できなくなると共に、信用情報機関に登録が行われる場合もあります。

その為、規約や規定をきちんと読み込んで、かつ理解した上で同意のサインを行う必要があり、サインを行う事はルールを理解した証明になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ