パソコンでクレジットカードを利用する場合のセキュリティ

インターネットを利用する際にパソコン、携帯電話、スマートフォンを利用しますが、クレジットカードを使ってオンラインショッピング、ビデオオンデマンドなどの有料コンテンツを利用する場合には、気を付けなければいけないポイントがあります。

それはセキュリティ問題で、コンピュータウイルスなどが入っている場合には見知らぬ第三者から情報が盗まれてしまう事態があり、クレジットカードの情報が盗まれた際には不正利用が行われる場合があるからです。

特にパソコン、スマートフォンでは悪意のあるソフトウエアの侵入が容易であり、画像ファイルや音声ファイルなどインターネット上のファイルをダウンロードすると侵入してくる可能性があります。

その為、利用者はセキュリティ意識を高め、安易にファイルのダウンロードを行わないことと共に、アンチウイルスソフトの導入で自衛をすることを心掛けないといけません。
もし不正利用が発覚した場合には、クレジットカード会社に連絡することで調査が行われます。

調査で不正利用が行われたことが認められるケースには、付帯保険サービスのショッピングガード補償により不正利用された金額については返金が行われます。

ショッピングガード補償に関してはクレジットカード会社によっては年会費無料のクレジットカードには搭載されていない事があるので、パソコンやスマートフォンのセキュリティに関しては十分に注意を行い、怪しいサイトからのダウンロードなどを控えておくべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ