リストラクチャリングが行われた場合のクレジットカード

リストラクチャリングとは再構築の意味がある言葉で、現代社会においてはリストラと呼ばれ、会社の再構築の為に従業員が解雇される意味合いで使われています。
リストラ後は当然ながら定職を失ったことで無職と言う立場になりますが、ここでのクレジットカードはどのような状況になるのでしょうか。

既に所有しているクレジットカードの場合には既に審査をクリアしたものになるので、わざわざクレジットカード会社が定職についているのかどうかを確認を行いません。その為、定職についていた時代でのデータを元に利用が可能です。

しかし、支払いが遅れたりした場合などには利用者の信用を失うきっかけとなるので、融資額の減額や再発行時に再審査が行われ、契約が打ち切られてしまう場合もあります。

無職の状態でもクレジットカードを作ることは可能であり、業界に参入したばかりのインターネット系の会社などは金融事故さえ起こしていなければ審査が通るものも多く、利用額が一番下に設定されますが、発行することは可能です。

しかし、定職についていないことから信用の状態が一番下になっていることは忘れてはいけない部分であり、信用を得てショッピング枠やキャッシング枠の拡大を狙う場合には時間がかかるものとなります。

また、個人信用情報機関では返済状況の記録なども金融機関で共有していることから、他のカードで金融事故を引き落とした際には他のものも利用停止になる場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ