クレジットカードビジネスのアクワイアラーの役割

クレジットカードビジネスは3つの役割によって成り立つサービスとなります。ブランド、イシュア、アクワイアラーに分かれそれぞれの役割によって収入源となる手数料も大きく異なります。

ブランドはVISAやMasterCardなどの国際ブランドを提供する会社で、全世界に決済システムを導入することで、加盟店であればどの国でも決済できる仕組みを作り上げています。イシュアはクレジットカードを発行する企業であり、ブランドの代わりにカードの発行を行うことで、国際ブランドを普及させる役割があります。

さらにプロパーカードと提携カードに分かれており、プロパーカードには発行会社が独自に発行するもので基本的な機能が搭載されているのに対し、提携カードはショッピングモールやIT企業などと提携をして提携会社のサービスに特化したものになり、利便性の向上から普及を狙うことが目的です。

アクワイアラーはブランドの代わりに利用店舗を増やす役割の企業であり、イシュアの役割も兼ね揃えている会社もあります。これにより利用できる店舗を契約を行う事で、利便性の向上に携わっています。

この仕組みから、加盟店の商品購入代金の2.5%は各企業へと分配され、アクワイアラーに0.8%、イシュアに1.5%、ブランドに0.2%の利益に分けられます。しかし、キャッシングの場合には発行会社であるイシュアが直接融資を行う事から、金利の独占が行える仕組みになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ