融資を短期間受ける場合の短期金利の特徴とは

短期金利とは、1年未満の金融取引を行う際に適応される金利で、設定の一つの目安として利用されます。銀行などの金融機関が企業や研究機関などの組織に対して1年未満の融資を前提に適応されるので、金融機関としてはリスクが低いのがメリットです。

また、投資機関などでも手形売買や現先取引、手形割引など一時的に融資が必要な場合にも利用されています。1年以上の融資を求める場合には長期金利があり、長期的に行う事から金融機関にはこの先、融資を行った企業や研究機関が倒産してしまう可能性もあり、短期よりも高めに金利を設定することで、共倒れを防ぐことが出来るのです。

短期金利の中には短期プライムレートと呼ばれるものがあり、こちらは金融機関が最も信用している企業に対して最も安い金利で融資を行うものです。長期的融資が必要となる長期プライムレートも存在しますが、こちらの場合にも短期プライムレートを基準にすることで、これを下回らない設定にすることになります。

これにより短期プライムレートが一つの基準として目安にされることから、消費者金融や銀行などの個人へのローンサービスにも大きく影響されることになり、住宅ローンの場合には長期的に返済を行う事から、利息の変動に対して変動プランと固定プランから選択します。

固定プランは利息の変動が起きても見直されず、変動型は利息の変動が起きた場合にすぐに反映されるので、毎月の支払額に変化が訪れます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ