インターネットで注意すべきハッカーの存在

ハッカーとはコンピュータ技術者の事を指す言葉ですが、一般的には悪意のあるコンピュータユーザーでコンピュータウイルスなどを開発して、情報を盗み出す人間と認識されています。

インターネットの普及により、個人のコンピュータやスマートフォンなどの携帯電話がネットワークに接続され、インターネットを使ったショッピングからビデオオンデマンドや音楽配信などの有料サービスも登場しました。それに伴いインターネットでクレジットカードを使う機会も増えました。

生活の利便性を向上した一方でハッカーによるインターネット犯罪も登場し、インターネットを利用するユーザーはセキュリティソフトの導入などセキュリティに対する意識の向上が必要になります。

こうした犯罪で最も有名なものとしてはクレジットカードに関する犯罪であり、悪意のある第三者がクレジットカードの情報を盗んでしまえば勝手に商品の購入やキャッシング機能を使って利用される可能性があります。

それを防ぐためにセキュリティソフトを導入することで、コンピュータウイルスやスパイウェアなど入力を外部に漏らす悪意のあるソフトウエアの侵入を阻止することが必要です。さらに怪しく信用が出来ないサイトなどでクレジットカードを登録しないことが重要になります。

もし、クレジットカードの情報が漏れたことで被害を受けた場合には、カード会社から調査が行われ、ショッピングガード補償に加入している場合には損害金を補償してくれるサービスもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ