海外で利用できる短期国際カードの現状とは

短期国際カードは、短期間だけ滞在する海外旅行や海外出張などで、一時的に利用できるクレジットカードを求める人向けのサービスとなります。現在では日本で発行されるクレジットカードの多くは全世界で利用できる国際ブランドが搭載されていることから、短期国際カードの役割は終えてしまいました。

現在ではVISA、MasterCard、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブの国際ブランドのどれかがクレジットカードには搭載されており、特に日本発のJCBを除けばアメリカやヨーロッパなどに加盟店を多く抱えているので利用する利便性に関しては高いものになります。

JCBに関しては日本人観光客が多いハワイや韓国、台湾などに加盟店が多く、逆を言えば日本人観光客が少ない国や地域になると利用する場所が減少してしまいます。

海外でクレジットカードを利用するメリットとしては現金を持ち運ばなくていいことから現地通貨に換金をする手間を省くことが可能であり、海外キャッシングを利用すれば現地通貨をキャッシングすることが可能です。

また、付帯保険として海外旅行傷害保険が搭載されていることから、旅先や出張先での事故や事件に遭遇した場合に保険金が降ろされる仕組みもあります。その為、海外でのトラブルを遭遇した場合に新たに保険に加入する必要性もありません。

そのために海外旅行や海外出張が多い人は、海外でのトラブルに対する保険やクレジットカードの利便性を基準に選ぶことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ