インターネット上での本人認証システムの仕組み

インターネットを利用したクレジットカードの不正利用は多く、本人認証システムを導入する会社も増えてきました。これにより、悪意のある第三者が情報を盗んだとしても決済する手前で本人認証が行われることから、不正利用を事前に防ぐ機能になります。

3Dセキュアと呼ばれるシステムで、インターネット上で利用者は事前にクレジットカード会社のサイトでパスワードの設定を行い、オンラインショッピングや有料サービスなどの決済時に決めたパスワードを入力することで本人と確定させる仕組みになります。

利用者は自分のタイミングでパスワードを変更することが可能なので、クレジットカードが盗難された場合にはクレジットカードに記載されている情報だけでは利用できないわけです。しかし、コンピュータウイルスやキーロガーなどの悪意のあるソフトウェアが、パソコンやスマートフォンでは設定したパスワードまで盗み取られる可能性がありあます。

例えばカード会社のサイトにログインするためのIDとパスワードまで盗まれた際には、悪意のある第三者が勝手にパスワードの変更などを行えることから、完璧に安全とは言えません。セキュリティソフトなどを導入して第三者に情報が漏れないようにすることが重要です。

クレジットカードの盗難や企業の情報流失事件などでは有効な手段になります。
3DセキュアはVISA認証サービス、MasterCard SecureCodeなど会社によって名称が異なります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ