多様な決済手段に対応するマルチペイメントとは

昨今のインターネットの普及や、ライフスタイルの変化などにより、いろいろと新しい決済手段が登場しました。このような、多種多様な決済手段はマルチペイメントと呼ばれています。

インターネットを用いた決済としてはクレジットカードの利用率が多く、その代わりに情報が抜き取られるクレジットカードの不正利用も行われるデメリットが存在します。
また、クレジットカードは所有できる年齢が限られてしまうことから、年齢制限が必要としない新たなる決済手段が必要になったという背景があります。

安全で年齢制限のないものとしては電子マネーがあり、WEBマネーやビットキャッシュなどはコンビニエンスストアやスーパーなどでプリペイドカードとして販売が行われています。利用者はプリペイドカードを購入することで、インターネット上で利用することが出来ます。

クレジットカード、電子マネー以外にはサービスを受ける前に入金を済ませる銀行振り込みやコンビニ払いなどがあり、昨今ではATMやパソコン、携帯電話から銀行操作を行う事で入金が可能になるペイジーや、携帯電話の請求書に利用料金を上乗せして請求を行う携帯電話払いなど、従来にはなかった決済手段が登場しました。

これによりインターネットで展開が行われるオンラインショッピングや音楽や動画、ゲームなどを配信するデジタルコンテンツでの決済方法として多様な決済による対応が、マルチペイメントシステムの導入により行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ