クレジットカードの安全を守るユニークトランザクション

ユニークトランザクションとは、どのクレジットカード会社にも属さない取引データを指す言葉で、通常の場合にはクレジットカード会社が加盟店に番号を振り分けることで、利用された店舗から利用金額、利用時間などの取引データを管理しています。そのデータが確認できないものであれば、ユニークトランザクションと呼びます。

また、ユニークトランザクションはクレジットカードのセキュリティの在り方にも使われており、昨今の不正利用に対しての対策を考えなくてはいけません。

インターネット上でクレジットカードを利用する場合にはクレジットカード番号、有効期限、氏名、セキュリティコードを入力する必要がありますが、スパイウェアやキーロガーなどの悪意のあるソフトがパソコン内に侵入してしまうと、その情報が抜き取られる事があります。

特にインターネット上でのクレジットカードの使用は本人確認を必要とせずに、カード本体が無くても情報だけで決済できてしまうことから、不正利用が行われても早期に発見することが難しい犯罪になります。

また、スマートフォンの普及により、悪意のあるアプリケーションも偽造した形でスマートフォン内に侵入を行い、セキュリティ意識の低い利用者から情報を盗む事態にも発展しています。

そこでセキュリティに対する考え方が必要になり、犯罪から身を守るためにセキュリティソフトの導入を行う事や、安全の確認が行えないサイトでの情報入力を行わないなどの知識が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ