クレジットカードの利用店舗を増やすアクワイアリング

クレジットカードビジネスの中で利用加盟店を契約する業務の事をアクワイアリングと呼びます。この業務は、アクワイアラーと呼ばれる役割が割り振られた企業が行います。

クレジットカードビジネスには3つの役割があり、アクワイアラーは利用店舗を増やす業務、イシュアはカードを発行する業務、ブランドは国際ブランドを提供する業務があり、利用加盟店で発生する利用手数料をこの3つの企業に割り振られることで収益としています。

アクワイアラーはイシュアと同じクレジットカード発行会社が担当することが多く、利用加盟店で特定のカードを利用した場合に付与されるポイントが倍になるケースもあります。手数料の振り分けとしては、加盟店からアクワイアラーに収められる割合は商品代金の2.5%になり、アクワイアラーからイシュアに1.5%、ブランドに0.2%が割り振られることになります。

アクワイアリングで加入された加盟店にはアクワイアラー照会番号と呼ばれる番号が割り振られるので、加盟店で使用された場合にはアクワイアラーが番号を照会することで、どの会社のクレジットカードがどの位の金額を利用し、いつ使用されたのかをデータを収集しています。

これによって使用されたイシュアを特定することが可能になり、利用されたイシュアに手数料を支払うことになります。このような仕組みの上で成り立っているので、アクワイアラーが多くの手数料を取ることが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ