クレジットカードを使う場合の買掛金と言う認識の必要性

買掛金とは、まだ支払いが完了していない代金の金額を支払う義務の事です。会計用語として利用されており、企業などが商品を引き渡しが行われ後日に代金の決済を行う事で使われています。

クレジットカードも買掛金と同じ性質で利用するものであり、商品購入時やサービス利用時はクレジットカード発行会社が一時的に代金を負担することで、後から請求日と言う形で商品を購入した代金やサービスに利用した代金を支払うことになるので、一時的に借金をしている状態になります。

クレジットカード発行会社は利用者に対してお金を貸すことから、利用者は借金をしていることになり、借金をしている意識が必要になります。その為に信用が重要であり、ショッピング枠やキャッシング枠などに設定される金額なども、クレジットカード発行会社が利用者を審査することで信用して枠が設定されています。

収入状態や就労している会社の規模なども審査の対象であり、勤めている会社の規模が大きければ信用が増す仕組みになります。
消費者金融やクレジットカードで金融事故を引き落としてしまった場合には信用を失うリスクもあります。

返済の請求日に入金を行わない日が多かったり、意図的に滞納をしてしまう場合にはブラックリストや個人信用情報機関などに情報が登録されることで、他の金融機関からの融資の申し込みすら審査に通らない事態になります。買掛金は借金をしていると意識を高め、きちんとした返済計画が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ