インターネットで安全に電子取引を行うための認証局

インターネットを利用した電子商取引事業には、認証局と呼ばれるデジタル証明書を発行する機関があります。これは暗号通信で必要な物であり、インターネットで商品の購入やサービスを利用する場合には第三者に知られてはいけない情報のやり取りを行っており、悪意のある第三者が内容を解読されない為に暗号通信を行います。

その安全性を証明する機関として、また、個人とサービス提供会社の間に信用された第三者として認証局が存在します。インターネットの多くの決済方法としてはクレジットカードが利用されており、当然ながらクレジットカードの情報は第三者に知られてしまうと不正利用に使われる可能性も高いので、情報通信の安全を守る必要性があります。

オンラインショップや音楽や動画、電子書籍などの有料デジタルコンテンツを配信する会社など電子取引を行う企業であれば認証局のシステムが導入されています。

これはブラウザ上でも暗号通信を行うSSL通信など鍵のマークが表示される場合があるので、利用者側からも悪意のある第三者に知られてはいけない情報のやりとりを行っていることを目視することが出来ます。

これにより安全な電子取引を実現しており、逆を言えば暗号通信を行わないオンラインショップや有料デジタルコンテンツ配信会社には送信内容が読み取られる可能性があります。さらに言えば情報を盗むために作られた架空のサイトの可能性も高いので、安全性が確認できないサイトとして区別することも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ