複数の物件が提供できるパッケージリースの利便性

パッケージリースとはリース会社が顧客に対してリースサービスを一括に提供するセットになったプランの事です。割賦、延払い販売、ファクタリング、レンタル、保証金、資金等の立てかけ融資などをまとめており、顧客も追加で資金追加の申し込みを行わなくていいメリットがあります。

多くは店舗やホテル、工場などの設備投資において導入が行われており、債権買取、割賦販売、リースの組み合わせを行う事で、顧客が利用しやすいプランに組み立てることも可能です。

個人向けとしては自動車に関してメンテナンス費用も含めたプランなども登場しており、利用中のトラブルに対して対処することも可能です。また一人暮らしを行う際には必要なテレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの複数の物件をまとめた物件も登場しており、毎月1万円前後で利用することが可能になります。

ただし、単品の物件と比較してもリース商品自体の価値が向上してしまうことから、返済に息づまるケースもあります。返済できる能力と必要な物件を比較しながらリース商品を選ぶことが重要です。

個人向けとしても企業向けとしても必要な機材や設備が早い段階で導入が行えるメリットがあり、契約が終了した場合でも中古商品として格安で購入できることから、早期での資金があまりない状態で機材や設備を導入する場合には利用しやすいものになります。ただし契約は途中契約が行えるものではなく、行った場合でも契約満期までに支払う金額を支払う必要性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ