マルチメディア端末による有料サービスの決済

パソコンやタブレット、ゲーム機からオーディオプレイヤーと、昨今ではインターネットに接続できるマルチメディア端末が登場し、インターネットに接続することで音楽配信や動画配信、電子書籍などの有料サービスも開始されました。インターネット上での決済手段としてはクレジットカード、電子マネー、コンビニ払いが中心で行われています。

特に電子マネー、コンビニ払いの場合には安全性の高い決済方法であり、年齢制限や特別な申し込みなどが無いので、マルチメディア端末を扱う中学生や高校生などの未成年でも気軽に決済できる手段になります。

電子マネーの場合にはWEBマネーやビットキャッシュなどが代表的であり、コンビニであらかじめプリペイドカードを購入することで、インターネット上で利用できる電子通貨に換金することが出来ます。

コンビニ払いでも、コンビニに設置されているマルチメディア端末に情報を入力することで振込用紙が発行され、それをもってレジで精算する形になるので、悪用されない決済方法になります。

しかし手軽さやすぐにサービスを受ける場合にはクレジットカードが人気であり、電子決済手段の多くはクレジットカードを利用した決済になります。しかし、リスク面でのデメリットもあり、クレジットカードの情報が抜き取られてしまった場合には第三者による不正利用が行われる可能性があるのです。

その為に自衛を行う必要があり、セキュリティソフトの導入や安全が確認できないサイトへのアクセスを控えるなどをして、情報を盗まれない対策が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ