ユニットプライシングによる価格表示で商品の価格比較

ユニットプライシングとは単位価格表示制度の事で、ビールやジュースなどの6本パックなどの商品の価格表示の際に1本あたりの価格を表示をすることで、商品を比較するときの目安になるものです。消費者は商品購入の判断材料となって購入率を上げることが可能になり、この価格表示の事はユニットプライスとも呼ばれています。

店頭プロモーションの一環として行われており、ユニットプライシングを行う事で、消費者の心理を揺さぶるものになる流通戦略の一種として多くの店舗で利用されています。

特にディスカウントストアなどは価格に敏感な顧客が多いことから、ユニットプライシングによく価格比較の判断材料は重要な要素の一つであり、出来るだけビールやジュースなどをセットで購入してもらうことで利益を出すことが重視されています。

ユニットプライスは保険にも使われているもので、保険会社の保険サービス一種として投資型年金保険と言う名目でサービス提供が行われています。これは特別勘定設定時の資産を100として運用成果によって資産の増減を指数化したもののことです。

つまり変額個人年金保険として株式、債券などの投資に関する保険になり、年金額や死亡保険金金額、解約返戻金が変動が行われる仕組みの生命保険で増減が行われます。変動の一つの目安としてユニットプライスが表示されており、1日単位で変化するユニットプライスを見て判断を行う事で投資の運用に利用することになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ