サイバービジネスの手軽な決済方法のクレジットカード

サイバービジネスとはインターネット上でビジネスを行う事で、主にオンラインショッピングやオンラインゲーム、電子書籍、音楽配信、動画配信などのデジタルコンテンツ配信サービスなどを指します。

このようなインターネット上での決済方法としてはクレジットカード、電子マネー、コンビニ払いなどがあり、電子マネー、コンビニ払いは必要な金額分をあらかじめ決済させることから安全な支払い方法として利用されています。

電子マネーにはWEBマネーやビットキャッシュなど複数にサービス提供会社が分かれていますが、コンビニなどでプリペイドカードを購入して利用することから、特別な申し込みや年齢制限と言ったものが存在しません。

コンビニ払いの場合にもサービスをすぐさま受けることが出来ないデメリットがあり、支払番号や振込用紙をコンビニに持っていくことで決済の手続きを行う事が出来ます。支払いの確認が行われ次第、サービスの提供が行われます。

クレジットカードはインターネットユーザーの多くが利用する決済手段であり、クレジットカードの情報を入力することで即座にサービスを提供されるメリットがある一方で、後から利用した金額の請求が行われる性質からクレジットカードの情報を盗む犯罪があるデメリットもあります。

その為、クレジットカードをより安全に扱うためにセキュリティに関する知識やスキルを身につけ、自衛を行う必要があります。セキュリティソフトの導入や安全性の確認が出来ないサイトへのアクセスを出来るだけ減らし、情報が盗まれる隙を見せないことが大切になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ