クレジット業界でのネガティブな顧客への対応

ネガティブとは本来、否定的な意味合いのある言葉であり、クレジットカード業界でも否定的な意味があります。
消費者金融やクレジットカード会社にはネガティブリストと呼ばれるデータがあり、過去に金融事故を引き起こした顧客の一覧になります。

信用できない顧客であり、消費者金融のローンサービスやクレジットカードの融資枠が低く設定されていたりすると、クレジットカードの更新時に再審査が行われることから、契約が打ち切りになる可能性もあります。

他にも支払いの滞納や毎月リボルビング払いにすることで、返済を長期的に引き延ばしている場合にも信用を失うことになるので、ネガティブリストに登録される確率が上がり、度が過ぎた金融事故であれば個人信用情報機関が行われ、他の金融機関などに情報が共有されることになります。

その為、事故を引き起こした後に消費者金融や銀行などのローンサービス、クレジットカードの申し込みを行う際に審査が行われ、過去に事故を引き起こしたことから信用が出来ない人間だと判断され、審査をクリアすることが出来なくなります。

だからこそネガティブな利用者にならない為にもきちんと返済を行い、計画的に利用することが基本的な事であり、最も重要な要素となります。個人信用情報機関に登録が行われれば7年間はデータが残されることから、1度の事故は長期的に影響するものであり、データが残っている期間は新たなる融資を受けづらい環境になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ