マルチメディアキオスクを使ったクレジットカードの扱い

コンビニエンスストアなどに設置されている情報端末はマルチメディアキオスクと呼ばれ、セブンイレブンのマルチコピー機やローソンのLoppiが代表的なものとして挙げられます。

マルチメディアキオスクで出来ることとしてはチケットの予約や公共料金の支払い、クレジットカードの決済、デジタルコンテンツの購入等が挙げられ、一部の行政サービスに対応していることから住民票の写しや印鑑登録証明書などの習得も可能になります。

クレジットカードに関してはショッピング、キャッシング返済の手続きが行え、コンビニエンスストアに設置されているATMでも利用することが可能です。従来は支払指定日の営業時間内に振り込みを行っていましたが、マルチメディアキオスクの場合には一部返済、繰り上げ返済、一括返済などの設定が行えることから、利用者の都合に合わせて選択を行う事が出来ます。

昨今ではインターネット技術の発達により、パソコンや携帯電話などのインターネットデバイス上からも申し込みの変更などは行えます。しかしインターネットデバイスを扱うスキルがない人や、インターネットの導入を行っていない人もいます。

そういった場合は、マルチメディアキオスク端末を使う事で申し込みの変更や契約確認などをコンビニエンスストアで行うことで、特別な機器の購入などを行う手間を省いてくれます。ただ対応しているクレジットカード、発行会社が限定されていることから、すべてのクレジットカードで利用できるわけではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ