アソシエーション分析を行う事で売り上げをアップさせる

アソシエーション分析とは、実店舗のPOSデータやオンラインショッピングなどのECサイトの取引データを分析を行い、一緒に買われる商品の組み合わせを発見することです。同じカートに入れて購入する確率を算出することからマーケットバスケット分析とも言われています。

データが回収できるものであれば、クレジットカードの取引データなども分析が行われ、現実世界の場合であればどの地域で、どの店舗で顧客の特定の年代がよく利用するかを調べます。インターネット世界の場合では、どのサイトでどの顧客層が利用しているかなどについてマーケット調査を行います。

この情報を元にマーケティング戦略を行い、特定の層を狙った広告などを打ち出すことが可能です。実店舗では、パンとミルクの両方を購入する人が多いことからパン売り場の近くにミルクを置くことで売り上げを伸ばす事例もあり、このような相関関係のことをアソシエーションルールと呼ばれています。

オンラインショップの場合にもシステムがこの相関関係を見つけることから、特定の商品をカートに入れた際に他人がその商品と一緒に購入した商品をおすすめとして表示されます。これにより、一緒に購入してもらえる確率をアップさせ売り上げを伸ばしています。

利用時間帯や曜日、季節などの購入した際のデータを細かく記録するので、取引データベースをデータマイングを行う事で更なる分析が行え、顧客の利便性や満足度と共に購入率を上げることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ