オンラインショッピングの形態の一つであるサイバーモール

オンラインショッピングの中でも、特殊な形態としてサイバーモールがあります。インターネット上にある商店街の意味があり、実際のショッピングモールのように一つの大きい場所に様々な専門店が集まることで、顧客は様々な店舗の商品価格を比較して買い物を行う事が可能になります。

日本では楽天市場、Yahooショッピング、Amazonマーケットプレイスが該当し、Amazonに限ってはAmazon自体もショッピングビジネスを行っていることから、参入している加盟店に混ざって商品を売っています。

メリットとしてはショッピングモールのように一つの場所に集まっていることから、商品の検索を行えば同じ商品でも店舗による価格の違いが表示され、利用者は価格や発送費などを比較したうえで商品を購入することができます。

ポイントサービスなどはサイバーモールを運営している会社から付与されるので、加盟している店舗でも利用することが出来ることから、利用者からしたメリットが大きい部分があります。大きい場所に集まることから加盟店も様々あり、個人が趣味でやっているものから実店舗を構えるものまであります。

その為、クレジットカードによる決算が出来ない加盟店などをサポートする必要があります。クレジットカードによる決済として手数料が発生しますが、サイバーモール運営会社が行ってくれるので、個人の店舗などではクレジットカードの加盟店になる申し込みなどが不要で、利用者側としても安心して登録をすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ