住宅ローンで発生するネガティブアモータゼーション

ローン返済時に、ローンを部分返済中にも関わらず借金が増えてしまうという状況があります。これはネガティブアモータゼーションと呼ばれる現象であり、主にキャップローンを行っている時に発生する現象です。

キャップローンとは住宅ローンプランの一つであり、利用する場合には短期プライムレートの変動が受けやすく、金利にも直接影響するものになります。例えば、金利が上昇した場合には、毎月の返済金額を一定額にすることが可能です。

オーバーしてしまった残金に関しては、下落した際も一定額を支払うことから、支払う金額と下落分の差額を返済に充てることで、上昇分が相殺されます。
他の種類としては3種類あります。変動金利型は金利の変動に合わせて月々の返済が行われるものになります。

固定金利選択型は2年、3年、5年、10年と変動が固定されるもので、あらかじめ決めていた期間内の変動には左右されることがありませんが、期間が終了すれば見直しが行われます。固定金利型で見直されないので、上昇した場合にはお得になり、下落した場合には損することになります。

このような仕組みから、キャップローンが主に選ばれるプランとなっています。これは金利変動の影響が大きいものであるために、タイミングによっては返済しているにも関わらず、借金が増えてしまう状況を生み出すこともあります。その為、住宅ローンを利用する場合にはじっくりと考えてプランを選ぶ必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ