クレジットカードビジネスの発行者手数料の役割

発行者手数料とは、クレジットカードを発行する会社の収益の源となる手数料のことを指します。クレジットカードビジネスには3つの役割があり、ブランド、イシュアー、アクワイアラーがそれぞれの役割を果たすことで利便性と普及の為の業務を行います。

ブランドは国際ブランドを提供する企業で、VISAやMasterCard、JCBが該当します。国際ブランドの登場で、クレジットカードの利便性が向上しており、決済ネットワークを構築することから、加盟店が国際ブランドに対応していれば、発行会社に関係なくカードを利用することが可能になります。

イシュアーはクレジットカードを発行する企業であり、国際ブランドの企業に認められた後に、カード発行を行います。他の企業と提携を結ぶ提携カード、自社で発行するプロパーカードがあります。

アクワイアラーは加盟店を増やす役割がある企業で、加盟店で利用された場合に手数料が支払われる役割もあり、イシュアーの役割を持つ会社がアクワイアラーの役割も兼ねて業務を行っている場合もあります。

この3つの企業に手数料が割り振られることになり、加盟店で利用された場合には商品代金の2.5%の金額が手数料として発生します。これはアクワイアラーに0.8%、イシュアーに1.5%、ブランドに0.2%の割合で振り分けられることになり、アクワイアラーからイシュアーに支払われる分が発行者手数料に該当することになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ